Nako's TODAY'S 英字新聞 翻訳解説

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

「英字新聞関連情報」
モチベーションアップに!

僕の軸

 
45t.jpg 僕の英語の軸は、英字新聞を読むことです。

以前、誰よりも死ぬほど勉強していると確信していた自分。。。
でも、どうしても、何年たっても、全くといっていいほど英語が身ついているように思えない。。。
仕事の合間をみて、仕事の移動時間を利用して、トイレにいる時も、お風呂の中でさえ。。。
何冊、本を濡らしたか知れません。。。
でも、身についていない、確かにそう感じる。。。
もう止めてしまおう。そんな生易しいものではなく、自己嫌悪から死にたいとさえ思いました。

英語の勉強を始めてから何年した頃でしょうか。
もともと、新聞は大好きで、特に政治欄や経済欄が好きでしたので、ふっと、英字新聞を買ってみました。
もう何年、死ぬ思いの勉強をした後のことでしょう。。。
電子辞書片手に読むつもりで、広げました。

愕然としました。全く読めないのです。全く。単語さえ分らない。とんでもない。電子辞書で引くなどというレベルの話ではなく、ほとんどすべて分らない状態。。。
第一、あの一行の見出しがどれもこれも、全く意味不明なのです。今考えれば、その見出しが一番難しいのですが、あの時どんなに悲しい思いをしたでしょうか。

ただ、ラッキーだったのは、ちょうどその頃、今僕が書いている、【Today's 英字新聞 翻訳、解説】と同じような本を書店で見つけことでした。
その本は、一年前の記事を題材にしたものでしたが、数行の記事を解説付きの翻訳で各ページ分けられていましたので、読みやすく、古い記事にもかかわらず夢中になりました。
目からうろこが落ちたようでした。

それからは、毎日英字新聞をネットで読むようになり、のめりこみました。
興味シンシンで、楽しくて仕方がありませんでした。新聞より新しい生の記事がオンラインで、しかも、無料で読めるのです。動画もあり、ヒアリングも出来ます。

僕は仕事上、フィリピンの国内事情、一般市民の生活事情も知っていたので、本当に日本に生まれたありがたさに今更ながら、その時になって立ちすくみました。
なぜなら、話はそれますが、なまじ政治欄を毎日読んでいた僕は日本に嫌気がさし、ちょうどその頃カナダへ帰った友人のカナダ人に誘われていた移住を、考えていたほどだったからです。

とにかく、いきなり英語の勉強が楽しくなりました。
というより、ただ、大好きな時事問題の新聞を毎日読んでいるだけです。勉強ではなく、ただの趣味の日課みたいなものです。もともと、テレビも、ゲームも、ギャンブルもしないので、空いた時間を新聞とすごし、奥さんが焼きもちを焼くほどでした。

ある時、突然、本当に突然に近いです。
耳に英語が理解できる文となって、テレビニュースから飛び込んできました。
いつものフィリピン領事館の掲示板に書かれた案内がスラスラ読める。。。
その前においてあった小雑誌や、パンフレットを手にとってみて。。。
やはり、読める。

そのときの気持ちはとても言い表せません。

APRIL SHOWERS
この外国のことわざをきいたことがあるでしょうか?
私たち、英語を勉強するものにとっては大変励みになる言葉です。
僕が、あの時、あきらめずに続けられたのは、
この言葉のおかげかもしれません。

英字新聞 1kb-sozai-162.gif にそのことわざを掲載しています。
ぜひ読んでみてください。



(^_-)-☆Enjoy English newspapers♪
Nako



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。